1週間ファスティングダイエット!3キロ痩せることに成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

1週間で3キロのダイエットって難しいですよね。ファスティングダイエットならば、1週間で痩せたい人でも結果を出せると話題になっています。

  • 1週間でダイエットを成功させたい
  • すぐに体重を落としたい
  • ダイエットに失敗してばかり
  • ダイエットで運動はしたくない

このようなダイエットの悩みを抱えている人は、ファスティングダイエットをすることをおすすめします。私は1週間のファスティングで3キロのダイエットに成功しました!

太っている人なら1週間でも3キロ痩せるでしょう。私は169㎝で68.8㎏とやや肥満の体型です。ですが、この身長と体重で1週間で3キロの体重を落とすのは、他のダイエット法ではかなり難しいと思います。

実際に私が1週間で3キロ痩せた、ファスティングダイエットの方法を紹介します。ファスティングダイエットはやり方を間違えなければ、体重が落ちやすいダイエット法なので1週間で痩せたい人は参考にして下さい。

ファスティングダイエットとは

ファスティングダイエットとは?と思う人もいるでしょう。まずは簡単に、ファスティングダイエットについて説明します。

ファスティングダイエットは断食に近いダイエット法になります。ただ、近いというだけで、大時期と全く一緒ではありません。断食といえばイスラム教や昔から僧侶が行う修行として知られていますが、基本的に断食期間中は水以外口にしないというのがルールとなっています。

一方、ファスティングダイエットとは一定の食物や飲み物を口にするダイエット法なので、断食とは異なり負担も軽減されます。しかし、何でも口にしてOKというわけではなくダイエットにて適した食べ物を選定しなくてはなりません。

ちなみに後ほど詳しく書きますが、ファスティングダイエットに一番効果的だと言われているのは酵素ドリンクで現在最も多くの人に使われています。酵素ドリンクは、栄養を凝縮させた飲み物でダイエットだけではなく健康面でも注目されています。私も1週間ファスティングでは酵素ドリンクを使って痩せることに成功しました。

それでは次にファスティングダイエットの効果について説明します。

ファスティングのダイエット効果

ダイエットの効果が出るには、基礎代謝が大きく関わってきます。人間の身体は何もしなくても生命活動を維持するために、常にエネルギーを消費しています。いわゆる基礎代謝と呼ばれるもので、20~30代の一般成人男性の基礎代謝は平均で1500kcal台、女性は1200cal台です。

こうしたエネルギーは、食事など外部から取り入れる必要があります。ファスティングダイエットは、このエネルギー摂取を抑えることでダイエット効果がでるのです。ファスティングで摂取エネルギーを抑えることで、エネルギーとして脂肪と筋肉が使われるようになります

ファスティングのダイエット効果は、脂肪と筋肉が分解されエネルギーとなることにあります。使われる順番としては脂肪から使われ、次に筋肉と言われています。脂肪は飢餓状態などに陥った時に利用できるエネルギーとして身体に貯蓄されていますが、日頃から食事に混じり一緒に摂取している添加物や化学物質なども同時に取り込み蓄積されています。

ファスティングダイエットにより外部からの食物の摂取を止めることで、内部の脂肪分、筋肉が分解されエネルギーとして使用されダイエット効果が期待できるのです。この効果によって、1週間という短期間でもダイエットに成功できるのです。

さらにはファスティングダイエットによって、普段24時間年中無休で働かせ続けている消化器官を休ませることにも非常に意味があります。食べ物が入らなければ、排出を終了した消化器官は休むことが出来るので、しっかり休息をとった腸をはじめとする消化器官の活動は以前よりも活発になり便通もよくなる効果が期待できます。

では、具体的なファスティングダイエットの方法について解説したいと思います。

1週間ファスティングダイエットの期間

1週間ファスティングと言っても、1週間全てファスティングをするわけではありません。準備期間とファスティング期間、回復食の3ステージを1週間で行うのです。私の場合は以下のメニューで行いました。

  • 準備期間2日間
  • ファスティング3日間
  • 回復食2日間

ファスティングダイエットを成功させるために大事なこととして、ダイエット前の準備期間と、ファスティングダイエット明けの回復食を設けることになります。

準備期間とは、ファスティングを行う前の期間で、この準備期間中に徐々に食事を減らしていき胃や身体に小食を慣らさせます。面倒かもしれませんが、ここをすっとばしてしまうと、急な断食による重度の飢餓状態に陥り苦しむことになります。

一方、回復食とはファスティング明けの食事管理になります。ファスティングが明けたからといって一気に食べてはいけません。回復食で消化に優しいものから徐々に体に入れていき、無理なく通常の食事に戻す必要があります。この回復食はファスティングそのものよりも重要なので必ず期間を設けてください!でないとリバウンドや体調不良を起こします。

準備期間と、回復食はそれぞれファスティングダイエット期間と同等に設定して行うというのが一般的です。私の場合も本来ならば準備に3日、回復食に3日が理想だと思います。ですが1週間でダイエットをしたかったので期間を短くしました。

1週間ファスティングダイエットの食事

1週間ファスティングダイエットは水以外を口に入れない断食とは違い、口に入れてよい物のルールを決めて行います。身体にかかる負担も断食と比べて軽くなります。

しかし、何でも口に入れてよいというわけではなく、限りなくカロリーが低くダイエットに適した食事を厳選する必要があります。では、ファスティングに適した食事とはいったいどのようなものなんでしょう?

  • 食物繊維と水分を多く含む食材
  • 酵素ドリンク

ファスティングダイエットの食事は、この2種類がおすすめになります。

食物繊維と水分を多く含むもの

もし、ファスティングダイエット中、口に入れるものを食材から選んだ場合、食物繊維と水分を多く含むものをお勧めします。その理由はほぼ水分で出来ているため、カロリーも少ないからです。さらには食物繊維が含まれているため腸が活発に動き洗浄をし、たまった老廃物や脂質、糖質をかすめとってくれる作用も期待できます。

また消化しにくい食べ物は、胃に留まる時間が長くなり飢餓を感じにくくなるのでダイエットにはうってつけです。食材例をあげると、よく置き換えダイエットなんかで使われるこんにゃく、もやしなどの食事がおすすめです。

実際、この食材を使ってファスティングダイエットを行う方は多いでしょう。ただし、デメリットもあります。食物繊維は消化されないので胃に負担がかかります。ファスティングとは普段酷使している消化器官を休ませ、再活性してもらうために行う意味もあるので消化に悪い物ばかりを食べて酷使しては意味がありません。

ですので、ファスティングを行う際はやはり次にご紹介する酵素ドリンクを用いた方法が良いでしょう! むしろ、こういった食物繊維を多く含む食材は、準備期間中に積極的に取り入れ、炭水化物や糖質を断つ訓練をしておくとスムーズにファスティングへ入っていけます。

酵素ドリンク

酵素ドリンクは、ファスティングダイエットで使われている最も一般的な食事になります。今ではファスティングといえば酵素ドリンクを使用して行うのが主流だと定着しているほど人気があります。では酵素がなぜファスティングダイエットに良いのかを説明します。

酵素とは、タンパク質より生成され人間のあらゆる生命活動にかかわる栄養素のことで、大きく分けると、体内酵素と食物酵素の2種類があります。体内酵素は、もともと体内にある酵素(一定量しか生産されない)になります。食物酵素は、食物の中に含まれている酵素のことです。

体内酵素はさらに消化酵素と代謝酵素とに分けられ、消化酵素とは食べ物の消火活動を担う酵素で、代謝酵素の方は新陳代謝を促したり解毒や自然治癒に使われる酵素となります。

上記で述べた通り、この体内酵素とは一定量しか生産されないので、外部から酵素を補給して酵素の活動を助けてあげる必要があります。従来、日本人は醤油や味噌、発酵食品、生野菜などから酵素を取り入れてきましたが、近年ではファーストフード中心の食生活や喫煙やストレスによってどんどん酵素の生産が弱まってきています。

消化酵素が減れば腸内環境は乱れ、お通じが悪くなりお腹もぽっこり出ます。一方、代謝酵素が減れば当然代謝は落ちるので、太りやすい身体になります。どちらにせよ、酵素不足はダイエットの失敗に繋がるのです。

ファスティングダイエット中に酵素ドリンクを飲むことにより体内の解毒、新陳代謝、腸内環境の整備を促す働きが活発になります。そのため酵素ドリンクは、ダイエットに効果的な飲み物といえます。酵素ドリンクは、なるべく無添加で良質なものを選びましょう。

ファスティング中の酵素ドリンクの飲み方については、遠慮なくどんどん飲んでください。さすがに一本ボトルを開けるのは飲みすぎだと思いますが、飲みすぎたからと言って体に悪いものではありませんし、何より酵素ドリンクを飲むことによって空腹をかなり抑えられます。空腹で苦しいときはグラスに少量とって水で薄め飲んで落ち着きましょう。

ファスティングダイエットにお勧めの酵素ドリンクは、おすすめ酵素ドリンクランキングを参考にして下さい。

ファスティングダイエットの準備

私の場合、準備期間で徐々に炭水化物の量を減らしていき、もやしやこんにゃくなど食物繊維を多く含む腹持ちのいい食材に置き換えました。また同時に腹八分目の量へと抑え、徐々に3日間で空腹に耐えられる身体に変えていきました。ファスティングダイエット前日の食事の段階では炭水化物は一切ありません

前日夜、食事メニューは、もやしやこんにゃくなど、低カロリーで腹持ちの良い水分と食物繊維を多く含む食事のみで済ませました。調理法も油で炒めたりせず、お湯でゆがいて醤油やポン酢で軽く味付けしていただきます。

食事を終えたら、すぐに寝てさっそく次の日から始まる1週間ファスティングに備えます。ダラダラ起きていても余計にお腹がすくだけです。

ファスティングダイエットの実践

では、私の実体験を踏まえて、ファスティングダイエット1日目~3日目までをお話ししていきたいと思います。私のスペックは身長169cm、体重68.8kgとやや肥満の部類には入っています。

よく言う中肉中背の体型とはまさにこのことで、服を脱いだら確実に小太りなのがわかります。これでも私は、日々ランニングや筋トレを一生懸命していたのですが、今思えばこういったトレーニングによって筋肉をつけることは可能だが、痩せることはまず出来ません。

筋肉の上に脂肪がのっかるだけなので見た目はあまり変わらないということです。あの有名なライザップのやり方が評判良いのは、ハードな筋トレはもちろんのこと、それよりもきちんと食事制限をしているからこそ、あの美しい筋肉美を出すことが可能なのです。

ファスティングダイエット1日目

ファスティングを開始してみると一日目の朝と昼はさほど苦しくなく、今日はほぼ断食なんだぐらいの感覚でどうということもありませんでした。しかし食事をたくさんとる夜に差し掛かると、空腹と飢餓に襲われ辛くなってきました。

もちろんファスティングダイエットで大事な酵素ドリンクを飲んでいますが、正直なところ酵素ドリンクの助けもよくわからないと思います。今でこそ私は、一日ファスティングぐらい何の問題もなくむしろ身体の軽さを感じながらそつなくこなせますが、この時は『食を断つ』ということにまだ慣れていなかったので、身体的というよりも精神的な苦しさが強かったんだと思います。

ファスティングダイエットでは、大体の人がそうなるはずです。しかし、ファスティング全体からすると飢餓は私にとって大したものでなく、その時も2時間ほど経過したら慣れてきてなんともなくなりました。

ファスティングダイエット2日目

2日目の朝を迎えました。朝イチで体重体組成計に乗ると 体重 67.5kg、体脂肪率 223.4%、内臓脂肪レベル 7、基礎代謝 1574cal、体年齢34歳、BMI 23.9 と体重1kg以上、体脂肪率 0.5%、内臓脂肪レベルも1段階下がりました

就寝前にも何度か測ったのですが大した変動はなく、就寝後が一番ガクッと数値が下がる時間であると気づきました。しかし、問題がこの後で就寝中にガッツリ奪われたカロリーにより、空腹による胃痛と栄養不足で頭がぼーっとし体に力が入りづらくなります。

この体調不良こそがファスティング中の最大の難関であると私は思っています。体調不良は一定でなく波があり、猛烈に体調が悪くなる時間帯もあれば、峠を越し心身共に落ち着き悟りを開いたような気分になる時間帯もあります

その中でもやはり一番辛いのは寝起きの時間でした。ファスティング中は水と酵素ドリンクは何杯でも飲んでいいし、唯一の栄養補給となるので飢餓状態や辛いときに私は積極的にガブガブ飲んでいました。それでも治らない時は塩を少々舐めていました(ファスティング中でも塩なら少々舐めていいそうです)。

酵素ドリンクと塩を舐めれば、意外と少し元気を取り戻せるものです。これが水しか摂ってはいけない断食とファスティングの大きな差であると思います。

ファスティングダイエット3日目

3日目も2日目とあまり変わらず、胃痛や頭がぼーっとする症状が続きます。食に関しては感覚を忘れつつあるので、この段階まで来ると飢餓感というのはあまり感じないのですが、この辛い症状を治すには食べるしかないと思うようになります。

なんとか私も3日間を無事乗り切り、回復食前の最終的な数値は 体重 65.8kgと体重マイナス3キロ減らすことに成功しました!1週間という短い期間でも、ファスティングダイエットならば結果が出せると実感しました。

自分でも見た目が変わったのはわかるのですが、他人から見るとかなり細くなって見えるそうです。しかし、この後の回復食が一番大事で、食べ方によってはあっという間に元の体重へとリバウンドしてしまうので、ここで油断せず回復食は一番神経を尖らせて対応していきました!

ファスティングダイエットの回復食

ではファスティングダイエット後に行った、回復食について説明します。実際に回復食として食べたものは以下になります。

初日 朝 重湯のみ(茶碗1杯)
昼 重湯のみ(茶碗1杯)
夜 お粥(茶碗1杯)
2日目 朝 お粥(茶碗1杯)、具なし味噌汁(茶碗1杯)
昼 お粥(茶碗1杯)、具なし味噌汁(茶碗1杯)
夜 お粥(茶碗1杯)梅干し1つ、ワカメ入り味噌汁(茶碗1杯)

このように徐々に普通の食事に戻していき、ファスティングダイエットで痩せた体重をキープすることが出来ました。面倒でじれったく感じるかもしれませんが、回復食はやりすぎなほどが節制したほうが良いです。

その理由は胃や消化器官はしばらく活動休止したことによりいわば生まれたての赤ちゃんのものと同じような状態です。赤ちゃんは重湯から飲ませ始めますよね?それと一緒です。もし、こんな状態の消化器官に一気に固形物を流し込めばどうなると思いますか? 当然、急な大量の固形物の流入に消化器官は対応できなくなり重度の胃痛や腹痛を起こすでしょう。

また、飢餓状態から本当に美味しいごはんを食べられた感覚は格別であると同時に、もっと食べたいと当然思います。でも、回復食で少しでも油断し多く食べてしまうとそれが呼び水となって一気に食べだします。それぐらい頭の中は『食』でいっぱいなのです。 食べないファスティングよりも食べながら調整する回復食の方が実際、はるかに難しいのです。

※痩せるのは至難の業ですが、太るのは本当に一瞬です、回復食で手を抜いてしまった方がせっかく落とした体重をあっという間にリバウンドさせてしまうというケースが多発していますので十分に注意して対応してください。せっかく辛いファスティングに耐えてこられたのにもったいないです。

【ワンポイント】

固形物を取り入れていく際、ファスティング界で有名な言葉に「ま、ご、わ、や、さ、し、い」という栄養バランスを考えた言葉があります。以下のことに気を付けてスープや味噌汁に取り入れてみましょう。

ま:(豆) 豆腐、大豆、納豆など
ご:(ごま) ごま
わ:(わかめ) 海藻類(わかめ、ひじき、海苔)など
や:(やさい) 野菜類(葉野菜、根菜)など
さ:(さかな) 魚類
し:(しいたけ) きのこ類(しいたけ、えのきたけ、マッシュルーム)など
い:(いも) イモ類(ジャガイモ、サトイモ、かぼちゃ)など

1週間ファスティングダイエットの結果

回復食が終わり、1週間ファスティングダイエットが終了しました。体重は1週間で3キロのダイエットに成功しましたが、他の数字にも変化が見られました。

ダイエット前 ダイエット後
体重 68.8kg 65.8kg
体脂肪率 23.9% 22.5%
内臓脂肪レベル 8 7
基礎代謝 1594cal 1549cal
体年齢 34歳 33歳
BMI 24.3 23.3

全体的に数値が減少しているのがわかります。ファスティングダイエットによって、体重以外の数値もダイエットに成功しました。1週間という短期間で、ここまで結果が出たのは自分でも驚いています。

ファスティングダイエットのモチベーションを上げる方法

ファスティングダイエットは易しいダイエットではないので、行っている最中もいかに自身のモチベーションをキープ出来るかということが成功のポイントとなります。1週間と短いダイエット法ですが、初めて行う人は目に見えた結果がないと挫折する可能性もあります。

その点も踏まえ選定する食事以外に、事前に準備しておいた方が良いアイテムを2つご紹介します。

  1. 体重体組成計
  2. ウエストを測るメジャー

体重体組成計とは通常の体重計とは異なり、体脂肪率、BMI、骨格筋率、体年齢、内臓脂肪レベル、基礎代謝量と詳しく自身の身体の情報を測定することが出来る機械です。

本気でダイエットを行う際、上記に記した数値はどれもダイエットの指標にしなければならないので、持っていない方は購入することをおすすめします。ファスティングダイエットを開始すると数値がみるみるうちに減少していくと思うので、モチベーションアップにつながるし逆に下がりすぎて怖いと思えば中止する目安にもなります。

体重体組成計は、TANITAオムロン製品の物が評価高く、正確な測定が出来るのでおススメです。ダイエットをすると体重だけに目が行きますが、体年齢や内臓脂肪なども一緒に計測すると健康的に痩せられますよ。

ウエストを測るメジャーもどれくらいお腹周りの肉が落ちているか確認できるため、持っているとモチベーションアップに繋がります。お腹周りが細くなると、全体のシルエットが締まって見えますよ。

では、次にファスティングダイエットがもたらす効果について説明します。

ファスティングダイエットまとめ

ファスティングの概要を踏まえ、私の体験談を踏まえた1週間のファスティングダイエットについて説明してきました。主な内容をまとめると以下ポイントが成功のコツになります。

  • ファスティングダイエットは酵素ドリンクを飲むのがおすすめ
  • モチベーションを上げるには体重体組成計とメジャーがおすすめ
  • 食事はカロリーの低い食物繊維と水分を多く含む食事を選ぶこと
  • 体調不良を起こしたら無理に継続する必要はなく断念しても良い
  • 回復食はリバウンド防止のためしっかりと行うこと

ファスティングダイエットは、定期的に行うことで身体のメンテナスとしての効果があります。1週間が難しい場合は、3日程度でも効果が実感できるのがファスティングダイエットのメリットになります。すぐに痩せたい!という人には、ファスティングダイエットが最もおすすめになります。

スポンサードリンク