驚異のPカップ!爆乳の優木いおりが童貞くんの筆下ろしをお手伝い

NO IMAGE
出演者 優木いおり
発売日 2018年 10月 25日
作品時間 180分

驚異のPカップを誇る「人気おっぱい女優」優木いおり。

今回は二人の童貞くんから理想の設定を与えられました。一つは「銭湯の甘えさせてくれる巨乳看板娘」。そしてもう一つは「電車に出没する優しい痴女」

果たして彼女は爆乳Pカップを使ってどのように童貞くんの夢を叶えてくれるのでしょうか?

童貞くんの未使用チンコをすべて包み込む超乳パイズリ。そして挿入時の柔乳巨乳の縦揺&騎乗位は必見です!

童貞くんの不慣れな腰使いにも関わらず、腰をくねらせながらタプンタプンと上下に胸を揺さぶりながら何度もイきまくる姿は圧巻!

美人でおっとりとした爆乳女優の筆おろしをご覧ください!

AVを徹底レビュー

打ち合わせ風景&インタビュー

まずは今回の企画の趣旨説明で、「童貞くんに筆下ろしをして欲しい」という内容を監督から伝えられます。

しかし、プロデューサーが気になるのは打ち合わせ中に机の上に乗ったPカップの爆乳。

初めてブラを付けた学年は?胸はいつから膨らんできたの?というセクハラな質問攻めをするのですが、

優木いおりはあまり気にしていないのか、笑顔を見せながらインタビューに答えます。

その後白い水着に着替えてカメラチェック。

監督の指示で走らせたり、その場でジャンプしたりと、少し動くだけで水着からバストが溢れ出さんばかりの爆乳。

すると何故か女優の方から「すみませんおっぱいを揉んでほしいんですけど」という痴女的な発言が。

その場にいた音声さんが右乳をもみ、自分で左乳を咥えながら喘ぎ始めます。

右手はしっかりと自分のアソコをいじりながら、撮影前にも関わらず机の上でオナニーをしてしまう優木いおりなのでした。

銭湯の客と従業員という設定で筆下ろし

1シーン目は優木いおりが銭湯で働く従業員という設定。

誰も居ない銭湯に一人の男性が客としてやって来ます。

優木いおりは床の掃除をしながら少しずつ入浴中の男性客に近づき、わざと胸の谷間やお尻を見せるような仕草をみせます。

男性客はもちろん優木いおりの掃除している姿をガン見。

するとすかさず優木いおりは「良かったらお背中を流しましょうか?」と男性客に近づきます。

最初は背中を洗っているのですが、次第にその手は男性の股間に・・・

たまらず男性も優木いおりの胸に手が伸び、キスからセックスへと発展します。

お風呂にあったマットを引っ張り出し、Pカップのパイズリからフェラ、正常位から騎乗位へと童貞くんの筆下ろしをお手伝いします。

特に騎乗位中の腰の動きと、上下に揺れる爆乳は一見の価値あり!

満員電車で胸揉みからキス&フェラ

2シーン目は満員電車で童貞くんに筆下ろしをする優木いおり。

電車の中はスーツ姿のサラリーマンで、優木いおりと童貞くんは電車内近い距離で向かい合っています。

時折電車が動き、後ろから体を押されたタイミングで二人はキス。

そのまま舌を絡め合うベロチューへと発展します。

電車内で舌を絡め合いながら何度もキスをした後、男性は優木いおりの背後に回り込み、後ろからPカップの爆乳を揉み始めます。

少しずつ感じ始めた優木いおりは、その場でしゃがみ込み男性のズボンを下ろしてフェラ。

男性はフェラと手コキが気持ちよすぎたのか、秒速で射精しそのまま胸に精子をぶちまけてしまいます。

部屋で二人きりのセックス

そのままシーンが優木いおりの部屋に移り、二人は車内の続きとばかりにベットの上で濃厚なセックスを披露。

キレイに剃られたパイパンのアソコを自分でいじる優木いおりと、それを見ている童貞の男性。

すると優木いおりが「触って」と男性の手を自分のアソコに誘導し、クリトリスの場所などをレクチャーしながら、自分の感じるポイントを教えます。

ペチャペチャといやらしい音を立てながら、最後は自分の手で絶頂を迎えた優木いおり

オナニーだけでは満足せず、男性をベットの上に横にならせ服を脱がしながら馬乗りになりキス攻めをします。

びんびんになった男性のペニスをPカップの爆乳で挟むと、器用に上下に動かしながら男性なら誰でも羨ましがる爆乳のパイズリ。

その後、騎乗位⇒バック⇒正常位になり、最後は逆種付けプレスのような形でフィニッシュ。

男性は外に出すこと無く、しっかりと中出しをして終了しました。

このAVの評価と感想

とにかくPカップという爆乳を使ったパイズリと、騎乗位やバックでの胸の揺れ方はハンパじゃありません。爆乳女優にしかできないプレイもあり、童貞という設定がとても良く描写されていると感じました。パッケージではあまり分かりませんが、優木いおりは肉付きが良いムチムチ系なので、彼女の肉の中に溶け込みたくなる作品ですね。

総合評価:★★★☆☆