マッチングアプリおすすめランキング!出会い系マスターが教える安心アプリ15選【2019年9月】

マッチングアプリおすすめランキング!出会い系マスターが教える安心アプリ15選【2019年9月】

男女の出会いの場は、今やアプリを使ったものが人気になっています。

雑誌の広告や動画でも、マッチングアプリで出会ったという口コミを見るようになりましたね。

個人的にマッチングアプリは出会い系サイトと同じようなものと思っていたのですが、今は全く認識が違うようです。

真剣な出会いを求めている男女は、マッチングアプリを使っています!

ただ世の中のサイトには、怪しい出会い系サイトをマッチングアプリとして紹介していることもあります。

実は私、出会い系サイトを結構長く使った経験があり、怪しいアプリと安心できるアプリの違いが良くわかります。

そこで今回は、本当に出会えるマッチングアプリのおすすめランキングを紹介していきます。

この記事で紹介しているアプリを使えば、サクラに騙されることもありませんよ。

管理人が厳選した「出会い系サイト」3選はこちら ⇒

【2019年9月】マッチングアプリおすすめランキング

マッチングアプリについては上で解説をしましたが、実際にどのようなアプリが人気なのでしょうか?今回紹介するマッチングアプリはすべて登録無料で使えるものばかりです。

実際に使ってみないとわからない部分もありますので、ランキング上位のアプリから自分のスマホにインストールをして、どんな女性が登録しているのか?使い勝手はどうなのか?をご自身で確かめるのが一番の近道です。

  1. 出会える確率が高い
  2. サクラ(業者)が少ない
  3. 運営側が悪質業者の排除に力を入れている
  4. 利用料金が安く良心的
  5. 個人情報保護がしっかりしている
  6. 登録から利用まで簡単にできる
  7. 女性会員が多い。増加に力を入れている
  8. 出会えるためのサポートがしっかりしている

以上の条件を満たすサービスをランキング形式にて紹介します。

一つのサービスに固執せず、複数を登録しておくと効率良く出会うことができますよ。

1位 ペアーズ(Pairs)

ペアーズは会員数が1,000万人以上と国内最大級のマッチングアプリです。

あまりガチガチとしていないので、結婚はしたいけどすぐじゃなくてもOK。まずはお付き合いをして良かったら結婚を考えたい。という方にオススメ。

また、マッチングアプリ自体が初めてという方には最も使いやすいアプリです。

ペアーズはコレまで多くのカップルが誕生している実績を持っており、その実績も公開しているのも利用率がNo.1となった理由の一つです。

選ばれている理由としては他にも、

  • 名前はニックネーム可
  • フェイスブックには一切投稿されない。
  • 身分証明書の提示による年齢確認をしっかり行う。
  • 365日のカスタマーサポートが親切。

という点があります。

2位 タップル誕生

タップル誕生はあのAmebaを運営している「サイバーエージェント」が作ったマッチングアプリ。

会員数も400万人を突破し、いまはペアーズの牙城を崩さんとする人気急上昇中のマッチングアプリです。

国内の累計マッチング数は延べ1億2000万組とも言われています。

マッチング方法は相手の顔写真を右か左のスワイプで「好み」「好みじゃない」の2択で仕分けていくだけなので超簡単。

簡単でしかも楽しく相手を探せ、マッチング率も高いので言うことなしですね。

3位 with(ウィズ)

withはテレビでもおなじみのメンタリスト「Daigo(ダイゴ)」がプロデュースしたマッチングアプリで、性格診断・遺伝子診断・ファンション診断など様々な診断方法を取り入れたマッチングが人気のアプリです。

自分との共通点から相手を探すことが出来るので、メッセージ交換や実際に会った時もまるで昔からの友達のようにスッと打ち解けることができます。

女性との会話が苦手な人でも自分が詳しい趣味の話であれば会話に困ることは無いはず。不慣れな方でも使いやすいアプリです。

4位 ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びを運営しているのは、大手のリクルートグループです。

「ゼクシィ」と聞くとすぐに新婚向け雑誌を思い浮かべると思いますが、その知名度の高さから会員数は70万人以上を超えています。

ゼクシィ縁結びを使っているユーザーの年齢層は幅広く、特に結婚を意識した女性が多く登録をしています。

婚活成功プランという制度があり、6ヶ月または12ヶ月プランで期間内に相手が見つからなかった場合は、その後の期間を無料で使えるなどユーザの事を第一に考えたサービスが人気です。

しかし、ゼクシィ縁結びを使っているユーザの大半が6ヶ月以内に婚活相手を見つけていることから、あまりこのサービスを使う人はいないようです。

それだけマッチング率に自信がある証拠なんですね。

5位 Dine(ダイン)

メッセージのやり取りなんて面倒くさい!やっぱり会って話すのが一番手っ取り早い!というせっかちさんはこの「ダイン」がオススメです。

ダインのコンセプトは「10通のメールより1回のデート」で、驚くことに女性とマッチングするとすぐに相手とデートする日が決まります。

忙しくてあまりメッセージのやり取りができない方や、そもそもメッセージのやり取り自体を煩わしいと感じている人がこの「ダイン」を愛用しているようです。

男女の合う・合わないはメッセージだけでは分かりませんからね。

実際に会って数時間話すほうがよりお互いのことを知れると思います。

6位 marrish(マリッシュ)

マリッシュの最大の特徴は、アプリ内に無料の電話機能が付いていること。

なのでハードルの一つである相手の電話番号を聞くという障壁を超えやすくなっています。

メッセージでのやり取りよりも実際に電話をして直接話したほうが早く仲良くなれる。

という方はマリッシュがオススメです。

実は無料の電話機能が付いているマッチングアプリは非常に珍しいんです。

声の感じから相手の雰囲気や性格も分かりやすくなるという、電話ならではのメリットも多くありますので、まずは試しに使ってみることをおすすめします。

7位 イヴイヴ

イブイブ(イヴイヴ)は、完全審査性を採用しているサービスで、これはマッチングアプリとしてはかなり珍しい方法です。

プロフィールに本人確認マークが付いている会員は、しっかりと本人確認を済ませている証拠。

運営側は一人ひとり目視確認をして本人確認を行いました。という証拠にもなります。

なので写メ詐欺や別人の画像を使うということはまずありません。

会ってから「別人だった」ということもありませんし、業者が女性になりすましてやり取りをする心配もありません。

待ち合わせ場所にどんな相手が来るのか心配の方は、このイヴイヴがおすすめですよ!

8位 東カレデート

東カレデートという少し変わったネーミングのアプリですが、「東京カレンダー」と聞くと知っている人も多いのでは無いでしょうか?その東京カレンダーから作られたマッチングアプリがこの「東カレデート」です。

東カレデートは入会の審査が厳しいことで有名で、希望者の3割程度しか入会できない狭き門。

そのため入会者は男女ともに高スペックの人が揃っており、独身証明書や年収証明を提出することで、より信憑性の高いマッチングが期待できます。

男性は高収入のイケメンが揃い、女性はモデル顔負けの美人が揃っているマッチングアプリが「東カレデート」の特徴です。

9位 Omiai(オミアイ)

2012年にサービスが開始された老舗のマッチングアプリのOmiai(オミアイ)。

「婚活」だけではなく「恋活」を目的とする人も多く使っているので、利用者も多く現在の会員数は330万人を超え。全国で毎日述べ40,000組がマッチングしています。

最初は「彼氏作り」が目的でも、将来は結婚を見据えた相手を探しているので、本気の出会いを探している女性が多くいます。

10位 Match(マッチ)

Match(マッチ)は、日本での知名度は低いものの、海外(特にアメリカ)では高い人気を誇るマッチングアプリです。

特徴としてはユーザーの年齢層は若干高め、遊び相手探しの女性はほぼおらず、本気で結婚相手を探している30代後半の女性が多くいます。

女性の真剣度が高いので、婚活系のマッチングアプリの中では圧倒的に会員数が多く、その数は180万人。世界で見ると1,500万人を超える大規模マッチングサイトです。さすが、世界25カ国で使われているマッチングアプリだけあって利用者の数が桁違いですね。

11位 Youbride(ユーブライド)

Youbride(ユーブライド)は、あのmixiグループが運営する「婚活」を目的としたマッチングアプリ。

女性の会員は20代が多いですが、30代~40代と幅広く利用されています。

Youbride(ユーブライド)の特徴はプロフィール欄が非常に詳細まで登録が出来るということ、一例として「転勤の有無」「家族構成」「家事の得意/不得意」「結婚観」「結婚時期」などなど、他のマッチングアプリには無いプロフィールを細かく設定できるので、より自分と考えが近い女性とマッチングする可能性が高いです。

また、高収入の方は「収入証明書」の提出が必要になるので、女性の信頼感もグッと上がります。こういった点は真剣に結婚したい人向けのマッチングサービスならではですね。

12位 CROSS ME(クロスミー)

クロスミーは上場企業の「サイバーエージェント」が運営しているマッチングアプリ。上で紹介したマッチングアプリとの違いは、街ですれ違った人と出会うことが出来るという全く新しいコンセプトとなっています。

もちろん通常の検索からのマッチングも可能ですが、同じ時間・場所でリアルタイムにマッチングできるということは、お互いの時間があればそのままお茶や食事を楽しむということが出来るということ。自分の住んでいる地域の異性と出会いたい方にはオススメです。

ただ、人口が少ない場所に住んでいる方はあまり「すれ違い」の恩恵を受けることができないかもしれません。

13位 Tinder(ティンダー)

Tinder(ティンダー)は、日本を始め全世界で人気のマッチングアプリです。

世界で「出会いアプリと言えば?」聞くと、多くの方が「Tinder!」と答えるほど、まさにマッチングアプリの代名詞的存在のサービスです。世界中のユーザーは現在3,000万人以上。今後は日本でもそのシェアを伸ばしてくるでしょう。

特徴としては、メッセージが無料で出来るという点で、有料会員でなくても無料でマッチングできるほど機能が充実しています。男性は無料でマッチングできるので喜ばしいですが、他のサービスは女性が完全無料が多いので、女性としてはTinderを使う魅力をあまり感じないのが難点です。

14位 aocca(アオッカ)

aocca(アオッカ)は他のマッチングサービスのマイナスの部分である「会うまでのやり取り」を排除したアプリ。

その名の通り「会おっか」を目的としているので、まずは会ってデートしてから今後の関係を決めましょうというのがコンセプトとなっています。

出会い系サイトやマッチングアプリは「実際に会うまでの時間がかかりすぎる!」と敬遠していた人にこそ使って欲しいサービスです。

15位 Ravit(ラヴィット)

Ravit(ラヴィット)は自分一人で相手を探すのではなく、エージェントが男女の間に入ってくれるので、相談しながら理想の相手を探せるマッチングサービスです。

感覚的にはマッチングアプリと結婚相談所を足したようなイメージですが、このエージェントというのは人間ではなく「AI」というところがポイント

会員の年齢層は20代~30代となっており、「婚活」と言うよりは「恋活」向けのサービスとなっています。

そもそもマッチングアプリって何?

「マッチングアプリ」は彼女が欲しい、または結婚をしたい男性が相手の女性を探すことを目的としたアプリです。

アプリの種類によっては「婚活アプリ」「恋活アプリ」とも呼ばれることがありますが、男女がマッチングする目的で使うアプリなので意味合いは同じです。

ただ「出会い系アプリ」と同じ意味で捉えている人も多いのですが、出会い系アプリとマッチングアプリは目的が違ってきます。

出会い系アプリとマッチングアプリはどう違うの?

出会い系アプリとマッチングアプリの大きな違いは、「目的」です。

マッチングアプリは恋人や結婚相手を探す人たちが使う「真面目な出会い」を目的としたアプリ。

対して出会い系アプリは「遊び友達」「飲み友達」「体目的」の人が使ういわば「遊びの出会い」を目的としています。

私も出会い系アプリを使ったことがありますが、やっぱり登録している人はそっち系の人が多かったですね。

出会い系アプリは10代~60代まで幅広い年代の人が使っていますが、マッチングアプリの年齢層は20代後半~40代の男女が大半を占めています。

そして、もう一つの違いが「安全面」です。

出会い系アプリは業者やサクラが多く、騙しや美人局などの詐欺行為が頻繁に発生しています。

また、料金体系も不明瞭なサイトが多く、後から高額請求をされたという事例も多くあります。

出会いを目的としたアプリに慣れていない方は、運営元がしっかりとした安心・安全なアプリを使うようにしましょう。

マッチングアプリの種類は3種類ある

マッチングアプリはその目的に応じて、大きく分けると3種類に分類されることが多いです。

3つに分類すると「婚活アプリ」「恋活アプリ」「デートアプリ」となり、この順番は女性の本気度に比例します。

マッチングアプリ初心者の方はこの3つの違いが少し分かりづらいと思いますので、選びやすいようマッチングアプリの人気ランキングを作成しています。

どのアプリが良いか迷った場合は、ランキング上位のアプリがオススメですよ。

マッチングアプリの質問&疑問(Q&A)

上ではマッチングアプリのおすすめランキングを15今で紹介しましたが、ここでマッチングアプリ初心者の方から寄せられる質問をご紹介します。

みなさんが特に気になるのが、お金や費用などの「金銭面」と会うまでの「時間」、そしてサクラや業者などの「安心面」ですね。同じような悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

Q.マッチングアプリの登録には何が必要なの?

A.基本的に必要なものは「4つ」だけです

マッチングアプリの登録に必要なものは「身分証明書」「電話番号」「メールアドレス」「クレジットカードなどの支払い情報」4つです。他にもSNSへ連携しているサービスを利用する際は、「Facebook」や「Twitter」のアカウントが必要となります。

ただ、Facebookは業者防止の為、友達が10人以上いるアカウントでなければダメ。という規約もあるので、Facebookをやっていない方や友達が10人未満の方は別のサービスを使ったほうが手っ取り早いです。

Q.会うまでにどれくらいの時間(期間)必要なの?

A.「恋活」と「婚活」で会うまでの期間は違ってきます。

会うまでの時間や期間は利用するサービスにも依りますので、一概に「何日」と答えることができません。傾向として「恋活」の場合は会うまでの時間が短く、「婚活」の場合はしっかりとやり取りを重ねてから会うことが多いので時間はかかります。

参考までに期間を明記すると、「恋活」は約1週間。「婚活」は3週間を見ておけば良いでしょう。

尚、男性側が土日休みであったり、女性が他の用事でなかなか都合がつかなかったりすると会うまでの日数はどうしても伸びてしまいます。女性が他の予定を入れる前に、前もって「仮予約」をしておくと、比較的都合が付きやすくなると思います。

Q.会うまでにどれくらいの費用(お金)が必要なの?

A.会うまでの期間に比例して月額費用が発生します

マッチング後に有料会員に登録し、それから1ヶ月で会うことができれば最小限のプラン内で会うことができます。金額にすると約3,000円~5,000円くらいです。

ただ、警戒心が強い女性の場合は、会うまでに頻繁にメッセージのやり取りを求められるので、長引けば長引くほど月額費用は増えていきます。

費用を抑えるコツとしては、早めにLINEのIDを交換してLINEでのやり取りに切り替えること。最初はアプリ内のメッセージ機能を使ってやり取りをすることが多いのですが、相手が心を開き始めてくると、LINEのIDを交換することが可能となります。

ご存知の通りLINEはお金がかからずにメッセージのやり取りを行うことができますので、決死焦らずでも早めにLINEの交換をすることをおすすめします。

Q.どの料金プランを選んだら良いか分からないんだけど?

A.費用面を考えると「3ヶ月プラン」がオススメ!

マッチングアプリには基本的に、どのサービスにも月額プランが用意されており、「1ヶ月」「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」といった区切りで料金体系が変わってきます。

月換算をすると、1ヶ月プランよりも12ヶ月プランはお得なのですが、自分がいつ相手とマッチングするか分からないので気軽に「12ヶ月」は選びにくいですよね。

そこでおすすめのプランが「3ヶ月」です。理由としては慣れるまでにはどうしてもそれくらいの期間がかかってしまうから。

毎月1ヶ月ずつ課金をしていくのであれば、最初から3ヶ月プランで入ったほうが月額は安くなります。

慣れてきたら最初から1ヶ月プランでも良いですし、ツワモノになると無料期間だけで実際に会うこともできます。

Q.本当に「出会い系業者」や「サクラ」はいないの?

A.多少はいますが出会い系より圧倒的に「少ない」です

マッチングアプリにはサクラがいないと言われていますが、その理由としては「月額サービス」のアプリがほとんどだから。

サクラや業者はアカウントが停止になると、すぐに違う無料アカウントを作成し活動を続けます。無料でいくつもアカウントを作れる「出会い系サイト」に業者が多いのはこれが理由です。

しかし、月額制のマッチングアプリはアカウント停止になると、月額プランの費用が無駄になってしまうため、何個もアカウントを作ることができないのです。

もちろん「100%業者やサクラがいない!」とは断言できませんが、出会い系サイトより数が圧倒的に少ないのは間違いないです。

Q.男性が完全無料で使えるマッチングアプリはないの?

A.海外のマッチングアプリではいくつかあります。

男性が無料で使えるマッチングアプリは、13位で紹介した「Tinder(ティンダー)」です。他にもいくつか無料プランが用意されているサービスもあるのですが、他のサービスは無料だけでは実際に会う事が難しく、唯一実用的なのがこの「Tinder」です。

実はランキングに掲載していない海外のマッチングアプリもいくつかあり、その中にも無料で使えるものはあるのですが、「日本人の利用が少ない」「訳が分からない外国人から大量にメッセージが届く」など、ここでは紹介できないものばかりなのでオススメできません。

マッチングアプリを運営している企業も無料で運営するメリットは無いので、やはりフルのサービスを使うためにはある程度の金は必要になってくるんですね。

有料というのは考え方によっては「時間を買う」という事。無料サイトで無駄に時間を消費するよりも、有料でもマッチング率が高いサービスを使って、色んな人と会ったほうがあなたの夢を叶える一番の近道になると思いますよ。